1. ホーム
  2. 最適な治療を目指そう

最適な治療を目指そう

婦人

注入薬は製造会社で選ぶ

美容整形外科で用いられるボツリヌス菌製剤の中で、最高峰とされているのが、アメリカのアラガン社が製造するボトックスビスタです。1980年代後期にはアメリカの食品医薬品局の認可を受け、日本でも厚生労働省の認可を得ています。世界の70か国以上で使われており、注射1本でシワ取りや小顔矯正、それにふくらはぎの痩身など、様々な治療に対応するのが特徴です。また、ボトックスという名称は元々商品名ですが、その知名度からアラガン社以外のボツリヌス菌製剤でも、分かりやすくボトックスと呼ばれる場合が少なくありません。例えば、格安でこの注入治療を提供している美容クリニックでは、アラガン社以外の製品を使っているのが一般的です。製造会社が異なりましても、ボツリヌス菌製剤が持つ、筋肉の動きを弱めるという効果は同じですので、その点は心配要りません。しかし格安品は不純物の量など、純度の違いから、アラガン社製ほどの効果を得られないケースが多いのです。効果の持続性でもアラガン社製の方が優れているため、治療結果を重視する場合は、注入薬の製造メーカーに着目ください。安全性に関しましても、国から認可を受けている製剤の方が安心感がありますので、多少費用は高くても、アラガン社のボトックスを選んだ方が良いでしょう。注射だけで済むボトックス治療は、メスを使う手術と違い、それほど覚悟が要らないのも嬉しいポイントです。とはいえ、どのクリニックで治療を受けるかにより、仕上がりにも違いが出ますから、治療先はとことん調べて選びましょう。その際は、VSTの認定ドクターが施術してくれるクリニックを選ぶのが理想的です。VSTの認定医はアラガン社のボトックスを使い、的確な注入技法をマスターしていることを意味します。この取得には専門的な講習やトレーニングを経る必要があるため、認定医に注射してもらえば、安全な治療を受けられるのが魅力です。一方、ボトックスの効果や持続時間は人によって違いますが、少しでも効果を長持ちさせるなら、留意しておくと良い点もあります。特にボトックスは熱にそれほど強くないため、注入治療を受けた3日間ほどは、汗を流すハードな運動やサウナなど、体を過剰に温める行為は止めておいた方が良いでしょう。また、施術当日の飲酒は効果を下げる要因ともされていますから、控えることが得策です。そして、注入部位で内出血が起きた場合は、飲酒による血流促進効果で出血が増えるのを抑えるためにも、引き続き数日はアルコールを控えておいた方が良いかもしれません。