1. ホーム
  2. 短時間でできるプチ整形

短時間でできるプチ整形

ドクター

満足度の高い施術

ボトックスはプチ整形の先駆けといえる施術で、注射するだけなので傷が残らず、手軽にできることで人気が高まりました。施術後のダウンタイムも短く、少しずつ効果が現れるため、周りの人の施術を受けたとバレにくいのも、ボトックス注射のメリットです。ボトックス注射をした後は、すぐにメイクをすることも可能で、その日のうちにシャワーを浴びることもできます。日常生活にほとんど支障をきたさず、コンプレックスを克服できるのです。一般的には、しわとり効果が知られていますが、小顔矯正や部分痩せ、わきがや多汗症の治療など、多岐にわたる効果が得られるのが特徴です。効果の持続期間は3ヶ月から6ヶ月ですが、定期的に施術を受け続けると持続期間も長くなります。最終的には、半年から1年に1回の施術で効果を保てるようになるでしょう。また、ボトックス製剤について、なんとなく恐ろしいイメージを抱いている人もあるようですが、心配はいりません。ボツリヌス菌を原料にしているとはいえ、精製して毒性を除去したうえ、それをさらに希釈して使用するため安全性は保証されています。ただ、近年は色々なメーカーによって製造されているため、厚生労働省によって安全性が認可された製剤を使用するようにしましょう。ボトックス注射を受けるうえで、最も気になるのが費用の相場ですよね。ボトックスは注入する量によって費用も異なりますが、少なすぎると効果が現れにくく、多すぎても不自然に仕上がることもあるため、適正な量を注入することが大事です。また、ボトックス製剤の種類によっても料金が変わるので、どのメーカーの製剤であるのか確かめる必要があります。しわ取りの費用の相場は1万円から5万円、エラ取りの小顔施術の費用の相場は5万円から15万円、ふくらはぎなどの部分痩せの費用の相場は10万円から20万円です。また、わきがや多汗症治療の費用は、4万円から15万円が相場となります。ボトックス注射の評判は数ある美容施術の中でも高く、仕上がりに満足している人が多いようです。しわがなくなり年齢より若く見られたリ、部分痩せ効果で美脚が実現できるなど、見た目のコンプレックスを解消できると高い評価を得ています。痛みの弱い人は、注射部位によっては痛みを感じるようで、表面麻酔などのオプションで乗り越えている人もあるようです。ボトックス製剤を注入する量も、続けているうちに適量がわかってくるので、始めの内は少なめに注入するのが成功のコツだとの声もあがっています。