二人の医者
    病院の情報とは 悩む女子

    不妊治療を専門とする病院やクリニックの情報はインターネットの口コミサイトなどが参考になります。今も技術が進歩し続ける分野だからこそ、最新の情報を得ることが病院選びにおいても必要です。

赤ちゃんと母親

不妊とは

自然妊娠を望む方は不妊治療専門病院に通いましょう。鍼灸治療により免疫力を高め妊娠しやすい身体にしてくれます。

 

なかなか子どもが出来ない、もしかして自分は不妊症なのではないか、と悩む女性は実は少なくありません。
不妊症はまだ解明されていない部分が多く、逆を正せばまだ進歩している医学分野と言えます。
現在では一定の検査や治療法が確立され、思い切って不妊治療の病院へ通ったおかげで赤ちゃんを授かったという声もよく聞かれます。
ひとりで悩まず、まずはパートナーに話してみる、そして不妊治療について知識を高めていくことは大切なことです。

避妊せず2年以上たつが妊娠しない状態を一般的に不妊と言います。
ただ年齢が高いという理由ですぐに不妊だろうと判断して不妊外来を受診する例が増えているそうですが、それは間違いです。
女性の社会進出の機会が多くなり、それに伴い晩婚化の傾向があると言われています。
最近は高齢で出産する人が大分増えていて、以前は30歳以上の出産を高齢出産と言っていましたが、今は35歳以上の出産を指す言葉だと言われています。
しかし卵巣で作られる卵子の質や状態は年齢が高くなるにつれ低下するとも言われています。
年齢高いから不妊と一概に言えませんが、要因のひとつとなることは十分に考えられます。

不妊治療でまず大事なのは、現在の状況を良く理解する事です。
不妊治療を受けるために病院へ行く時は、ある程度自己の状況を把握する必要があります。
病院やクリニックで初診を受ける際は通常、問診が行われます。
問診の内容は、各病院やクリニックによって異なりますが、年齢や結婚年数、不妊期間、それに月経の周期や性交の状況、また病歴やお酒・タバコの頻度などです。
不妊を専門とする病院やクリニックでは、可能な限り、夫婦での来院をお願いしています。
不妊は夫婦の問題であり、双方が良く妊娠について理解し、検査や治療に当たっていく必要があるからです。
例えば、夫の方が病院へ行けない時には、上に挙げた問診の内容に加え、夫の病歴やお酒・タバコの頻度などを事前に把握しておく必要があります。
これらは不妊治療を行う病院では必要なデータとして記載しておき、検査や治療を組み立てていくからです。